2018年5月号「ファーストミッションボックスのススメ」

マンションの管理組合や防災担当者の悩みの一つに、マンション居住者の防災意識の格差があります。マンションは倒壊しないので地震に強い、地震が起きたら避難所に行けば何とかなると思っている。防災訓練やセミナーに参加するのはいつも同じ顔ぶれで居住者の参加率を高めるにはどうしたらいいのかという悩みです。防災訓練は災害が起きた時の生命や身体の守り方からマンションの被害軽減のために居住者全員で対応すべきことを学ぶ機会でもあります。しかしながら、無関心の方もいれば、参加したい気持ちはあれども都合がつかない人もいいます。参加者が増えない現状に地震が起きたらどうなるのかと不安を抱いておられるのです。こういった悩みを解決する一つの方法が「ファーストミッションボックス」です。

  

ファーストミッションボックスとは?

ファーストミッションボックスは、弊社危機管理教育研究所と長野県飯田市危機管理室で開発しました。災害時において担当に関わらず、誰であってもその場にいる人が迅速かつ確実な初動期のオペレーションを実現するための方法です。

発災時は計画通り担当者が速やかに集まれないこともあります。そんなとき、所定の場所に置いたボックスを駆けつけた人が開け、そこにある指示カードに従って行動します。指示カードは、誰であっても実行できる簡単な作業であり、何をすれば良いか一目でやるべきことがわかるように記載されています。指示書(カード)は、専門的知識がなくとも理解し行動できるシンプルさが売りで、一つのカードに一つの指示が記載されています。

自治体をはじめ、マンションでも導入されています。

実際に長野県飯田市の危機管理室を始め、いくつかの自治体で運用されています。大規模な自然災害では、防災担当者だけでは対応できず、指示系統も混乱しがちです。長野県飯田市危機管理室では、そんな状況でも、集まった職員がすぐに災害対策本部を立ち上げることができるように、ファーストミッションボックスを活用した訓練も行っています。ボックスの中に必要な文具類も入っているので、万一の時にはすぐに開けて即座に行動がとれます。

このファーストミッションボックスを導入しているマンションもあります。管理組合の理事や防災担当者が不在時に災害が起きたとき、担当者がいなければ何をしていいかわからない居住者を、このファーストミッションボックスで災害対応の戦力に変えることができます。もし、皆様のマンションで同じ悩みを抱えているのであれば、ファーストミッションボックスを取り入れてみてはいかがでしょうか。

国崎信江氏プロフィール

内閣府「中央防災会議首都直下型地震避難対策等専門調査会」専門委員、土木学会の「巨大地震災害への対応検討特別委員会」委員などの経験から、危機管理アドバイザーとして、現在は文部科学省「地震調査研究推進本部政策委員会」委員、消防庁「地域防災計画における地震・津波対策の充実・強化に関する検討会」委員、気象庁「緊急地震速報評価・改善検討会」委員を兼任。全国で防災・防犯対策の講演を行う傍ら、各メディアにも多数出演し、防災・防犯情報に関する啓蒙活動に注力。『マンションみんなの地震防災BOOK』(株式会社つなぐネットコミュニケーションズ発行)をはじめ著書多数。

GREEN PARK シリーズマンションのお問い合わせ