2019年5月号「中央区防災対策優良マンションになろう」

先月( → 2019年4月号「東京都耐震マークをご存知ですか」)では、東京都の耐震マークの制度を紹介しましたが、今月は中央区が認定している制度についても紹介します。

中央区では、住宅の戸数が10戸以上のマンション(専用部分の床面積が1戸当たり40平方メートル以上の住宅)を対象に、マンションの防災力の向上と地域とのつながりを一層高めるため防災対策を積極的に取り組むマンションを「中央区防災対策優良マンション」として認定し中央区のWEBサイトでマンション名を公表しています。

これだけでも、マンションの好印象になりますが、認定されると

防災訓練の経費の助成(年額上限5万円)

防災活動に必要な資器材を30万円相当まで支給などの助成を受けられます。

(※防災区民組織を結成しているマンションは、別の制度により運営費の助成や防災資器材の供与を行うため、認定証の交付のみとなります)

「中央区防災対策優良マンション」として認定されるには、4つの認定要件のすべてを満たす必要があります。

1)防災組織を設置していること

2)防災マニュアルを作成していること

3)原則として年1回以上防災訓練を実施していること

4)地域の町会等との連携が図られていること

などです。
すでに上記の要件を満たす活動が行われているマンションでしたらぜひ認定申請することをお勧めします。また、マンションの防災力を上げたいけれど具体的にどう進めたらいいのかわからないという場合にも、認定を受けることを目標に取り組むのも一案です。親切にも、中央区では希望すれば防災マニュアルの作成や防災訓練実施等のために防災アドバイザーを派遣してくれますから、心強いですね。認定申請の方法や注意事項などの詳細は中央区のWEBサイトからご覧いただけます。

「中央区防災対策優良マンション認定制度」について

わからないことがあれば、中央区防災課普及係(電話 03-3546-5510)にご相談ください。

国崎信江氏プロフィール

内閣府「中央防災会議首都直下型地震避難対策等専門調査会」専門委員、土木学会の「巨大地震災害への対応検討特別委員会」委員などの経験から、危機管理アドバイザーとして、現在は文部科学省「地震調査研究推進本部政策委員会」委員、消防庁「地域防災計画における地震・津波対策の充実・強化に関する検討会」委員、気象庁「緊急地震速報評価・改善検討会」委員を兼任。全国で防災・防犯対策の講演を行う傍ら、各メディアにも多数出演し、防災・防犯情報に関する啓蒙活動に注力。『マンションみんなの地震防災BOOK』(株式会社つなぐネットコミュニケーションズ発行)をはじめ著書多数。

GREEN PARK シリーズマンションのお問い合わせ