2019年7月号「簡単にできる水害対策/水のう」

建物への浸水を水のうで防ぎましょう

昨年は豪雨や台風で甚大な被害が発生しました。気象災害は私たちにとって身近な災害であると同時に、予測可能であることから万全な備えや早めの行動で被害を軽減させることが可能な災害でもあります。すでに日本各地で梅雨入りしていますので、水害に遭わないためにしっかり備えましょう。

今回は、建物への浸水を防ぐための最新防災グッズを紹介します。一般的に、浸水を防ぐ方法として土嚢を積むことが知られていますが、都市部では袋に詰める土を確保することが難しくなっています。土嚢に代わり注目が高まっているのが「水のう」です。最も安価なのが、二重にしたポリ袋に水を入れて口を縛り設置する方法です

屋外の浸水対策には、高強度の水のうが便利です

逆流する恐れのあるキッチン、洗面所、風呂、トイレなどの排水口に設置する室内向きの対策です。マンションの屋外で使用するなら高強度の袋を使用している市販の水のうを使用しましょう。

水のうにも様々なタイプがありますが、水を入れて膨張させる吸水ポリマーを使用するタイプは1回きりの使い捨てであったり、使用後の処理が3日程度天日でさらし水分を蒸発させる必要があり面倒だったりします。

その点、私がお勧めする「水のう袋 水のう君」は袋に給水するだけです。その袋が深海探査や科学実験に使用されている高強度複層フィルムと圧力分散製法のダブルチャックを採用した特殊な袋で、しかも、水害の後に水は再利用可能で掃除などにも利用できます。なお、食品衛生法適合なので、水道水なら飲料用にも使えます。

別な操作方法もメンテナンスも必要なく、誰にでも扱えるという点も大きな魅力です。洪水ハザードマップを確認して、浸水するエリアにマンションがある場合はもちろんのこと、川が近くになくても内水氾濫の恐れもあるので、どのマンションにも防災倉庫に追加して備えることをお勧めします。

国崎信江氏プロフィール

内閣府「中央防災会議首都直下型地震避難対策等専門調査会」専門委員、土木学会の「巨大地震災害への対応検討特別委員会」委員などの経験から、危機管理アドバイザーとして、現在は文部科学省「地震調査研究推進本部政策委員会」委員、消防庁「地域防災計画における地震・津波対策の充実・強化に関する検討会」委員、気象庁「緊急地震速報評価・改善検討会」委員を兼任。全国で防災・防犯対策の講演を行う傍ら、各メディアにも多数出演し、防災・防犯情報に関する啓蒙活動に注力。『マンションみんなの地震防災BOOK』(株式会社つなぐネットコミュニケーションズ発行)をはじめ著書多数。

GREEN PARK シリーズマンションのお問い合わせ