「201504」

今年度は、マンションの部屋別に地震への対策をお伝えして参ります。4月は"キッチン"です。キッチンは室内の中で最も危険な場所です。限られた空間に大型の家具である食器棚や冷蔵庫、炊飯ジャー、電子レンジなどの家電製品、調理器具、刃物、食器などの割れ物がひしめいています。そして、キッチンは家族のだれもが使う場所であり、1日に数回は必ず利用されています。そのため、キッチンにおける安全対策は非常に重要です。

地震が起きたらすぐにキッチンから離れる!

地震が起きたら速やかにキッチンから離れ、身の安全を優先した行動をとります。しかし、家具や家電製品が固定されていなければ速やかにキッチンから出ることができません。食器棚、冷蔵庫、炊飯ジャー、電子レンジ、トースターなどは粘着ジェルマットを使用して壁や台としっかりと固定しましょう。電子レンジ台などのキャスター付家具はロックがついていればロックをかけ、なければキャスターの受皿を設置します。

あらゆるところにストッパーを!

避難の妨げになるのは家具や家電製品ばかりではありません。扉が開いて中のものが飛び出したり、引き出しが勢いよく飛び出したりすることもあります。棚板には滑り止めシートを敷き、扉や引き出しには開き防止策としてストッパーをつけましょう。ホームセンター等で子どもの指はさみ防止器具として販売されているストッパーに強力両面テープを加えることで粘着力が強化されます。

重いものは下に!

調理器具や食器など重いものはできるだけ下に置きましょう。重心を下げることで倒れにくくします。冷蔵庫や食器棚の上に、ホットプレートや鉄なべ、土鍋など重たいものを置くのは絶対にやめましょう。上から重たいものが落ちれば致命傷になるおそれもあります。また、調味料、フライパン、洗剤などすぐに使うものであっても、できるだけ表に出さず収納するように心がけましょう。とかく物が多くなりやすいキッチンですが、本当に必要であるかを見極めてすっきりとしたキッチンを目指しましょう。

国崎信江氏プロフィール

内閣府「中央防災会議首都直下型地震避難対策等専門調査会」専門委員、土木学会の「巨大地震災害への対応検討特別委員会」委員などの経験から、危機管理アドバイザーとして、現在は文部科学省「地震調査研究推進本部政策委員会」委員、消防庁「地域防災計画における地震・津波対策の充実・強化に関する検討会」委員、気象庁「緊急地震速報評価・改善検討会」委員を兼任。全国で防災・防犯対策の講演を行う傍ら、各メディアにも多数出演し、防災・防犯情報に関する啓蒙活動に注力。『マンションみんなの地震防災BOOK』(株式会社つなぐネットコミュニケーションズ発行)をはじめ著書多数。

GREEN PARK シリーズマンションのお問い合わせ