2018年6月号「ファーストミッションボックスの作り方」

前号でファーストミッションボックスの紹介をしました。今月は、そのファーストミッションボックスの作り方を紹介します。

事前に準備するもの

模造紙(A1サイズ程度)

ふせん

マジックペン

活動拠点の間取り図

A4コピー紙(清書用)

ラミネーター(ラミネートフィルム)

書類箱(A4版書類が入る大きさ)

輪ゴム(書類箱をとめる太さのもの)

ファーストミッションボックスの作り方

活動する拠点(ファーストミッションボックスを置く場所)を決める。

優先すべき行動とそれに必要な準備品を色別のふせんに書き出し、模造紙に貼る。

発災直後から時系列にふせんを並び替え、概ね15分~30分以内に行う行動を絞り込む。

A4コピー紙に、ミッション番号、タイトル(10文字程度以内)、方法(簡潔に)、活動内容が分かるイラストを記入する。

最下段に、完了時刻、実施者の氏名を記入する欄を設ける。

清書できたものをラミネートし、必要となる事務用品と一緒に書類箱に入れ輪ゴムでとめる。

  

指示書を作る際のポイント

地震発生時に、最初に駆け付けた人はファーストミッションボックスの箱をドキドキしながら見るでしょう。できればいきなり指示書ではなく、次の例を参考に落ち着かせてあげるカードも作成しましょう。

「このカードを手にしたあなたは無事ということですね。良かったです。まずは深呼吸してください。さて、あなたは今、応急的な災害対応のリーダーになりました。気負うことはありません。本当に誰でもできる対応なので、落ち着いてください。あなたがすべきことは、ここに指示書がありますので、その通りに動くことです。後から人がきたら1枚ずつこのカードを渡してください。」

指示書には間違いをなくすために、具体的に説明をします。できれば文字のみでなく、イラストや地図、写真などで丁寧に説明をすると良いでしょう。 ミッションカードの内容は、実際のマンションに即したものを話し合いで決めておくとよいでしょう。

国崎 信江氏プロフィール/危機管理教育研究所 代表 危機管理アドバイザー

【主な経歴】横浜市生まれ。女性や生活者の視点で家庭、地域、企業の防災・防犯・事故防止対策を提唱している。講演、執筆、リスクマネジメントコンサルなどの他、文部科学省「地震調査研究推進本部政策委員」、東京都「震災復興検討会議」委員などを務める。現在はNHKラジオ マイあさ!の「国崎信江の暮らしの危機管理」のコーナーやテレビ、新聞などで情報提供を行っている。著書に『地震の準備帖―時間軸でわかる心得と知恵』(NHK出版)『サバイバルブック―大地震発生その時どうする? 』(日本経済新聞出版社)『マンション・地震に備えた暮らし方』(エイ出版社)『これ1冊でできる!わが家の防災マニュアル』(明治書院)などがある。

GREEN PARK シリーズマンションのお問い合わせ