2018年7月号「ファーストミッションボックスの運用方法」

3号連続で紹介しておりますファーストミッションボックスですが、今月は、完成したファーストミッションボックスの運用方法を紹介します。

  

ファーストミッションボックスのケース入れの選び方

ファーストミッションボックスの指示書をどのケースに入れるかも運用で大切なことです。これは置き場所にも関連しますが、壁掛け、平置きなど場所の条件によってもケース選びは変わってきます。例えば、平置きならお稽古箱のようなA4サイズの書類が入るボックスを、壁掛けにするなら取っ手のついたファイルケースが良いかもしれません。

また、ケースの色も目立つ色が良いでしょうし、ひと目でそれとわかるように「災害が起きたら開けてください」とケースの外側に記載しておくのも良いでしょう。

ファーストミッションボックスの置き場所の決定

置き場所のポイントは、運用する場所の入り口で目立つ場所に設置するということです。例えば、災害対策本部を設置するのが共用の会議室なら、会議室の扉の内側すぐ横にある棚の上や壁に掛けるというのがお勧めです。

ファーストミッションボックスは誰であっても初動行動がとれることが利点ですから、災害時に探すことなく目立つ場所に設置することで、多くの人の目に留まりやすくなります。

ファーストミッションボックスを使用した訓練を実施する

ここまで準備できたら、早速訓練を実施してみましょう。これまでに訓練に参加したことがない、マンション防災の知識がないという方にファーストミッションボックスを最初に開けてもらい、その指示通りに動けるかどうかを検証します。指示内容の理解しやすさ、見やすさ、実効性について検証し、改善すべき指示書があればすぐに手直ししましょう。手直しがすぐにできるのもファーストミッションボックスの利点です。

訓練は1回だけでなく、様々な居住者に実施してもらうことでより機能的なファーストミッションボックスになります。マンション居住者の一人として災害発生時に何をすべきか、その行動が明確になれば災害対応の不安を軽減することができるだけでなく、誰もが自信をもって対応することができます。ぜひ、皆様のマンションでファーストミッションボックスをご活用ください。なお、ファーストミッションボックスを製作する際には開発者の知的財産保護のため「開発:危機管理教育研究所および長野県飯田市危機管理室」の表記を必ずお願いいたします。

国崎 信江氏プロフィール/危機管理教育研究所 代表 危機管理アドバイザー

【主な経歴】横浜市生まれ。女性や生活者の視点で家庭、地域、企業の防災・防犯・事故防止対策を提唱している。講演、執筆、リスクマネジメントコンサルなどの他、文部科学省「地震調査研究推進本部政策委員」、東京都「震災復興検討会議」委員などを務める。現在はNHKラジオ マイあさ!の「国崎信江の暮らしの危機管理」のコーナーやテレビ、新聞などで情報提供を行っている。著書に『地震の準備帖―時間軸でわかる心得と知恵』(NHK出版)『サバイバルブック―大地震発生その時どうする? 』(日本経済新聞出版社)『マンション・地震に備えた暮らし方』(エイ出版社)『これ1冊でできる!わが家の防災マニュアル』(明治書院)などがある。

GREEN PARK シリーズマンションのお問い合わせ