2018年9月号「入居者と仲良くなるためのイベント企画 ②」

イベントで重要なのは、住民が参加しやすいテーマと場所の選定

先月はマンションでイベントを開催することの重要性についてお伝えしましたが、今月は、イベントテーマの決め方について紹介します。

イベントの企画にあたり大切なことは、参加したいと思える内容であるか、ということです。参加意欲を高めるには、居住者の年代や家族構成をもとに趣味や関心事など、興味をもって参加したいと思えるテーマを探してみましょう。年代も幅広く、趣味もわからないというときには、時節のイベント(クリスマスパーティ、ハロウィンパーティー、節分、七夕など)を検討するのも一案です。

つぎに、重要なのがイベントの場所です。マンションに共用スペースがない場合には、公共施設、会議室やカフェなどを利用するのも良いと思います。このとき、徒歩圏内で行けることが重要で、電車やバスに乗らないといけない場所では参加率も下がってしまいます。もし、近くにそのような適当な場所がないというのであれば、思いきって防災センターの見学や工場見学、朝市で朝食など外出することを目的としたツアーを企画すれば、場所の問題は解決します。

無理のない内容で、継続してイベントを実施することも重要

それでも良い企画が浮かばないという場合には、自治体で開催するイベントや地域で実施している様々なイベントに居住者を誘って一緒に参加するのも良いかもしれません。また、イベントの企画にあれこれ迷ったら、とりあえず自身が楽しいと思うことを企画してみてはいかがでしょう。ご自身が参加したいと思える内容であれば企画を練るときもワクワク楽しみながらできるはずです。

ところで、最近は災害が相次いでいることから、居住者の災害に対する関心や不安も高まっていることでしょう。このタイミングで「マンションの防災設備の確認、使い方の講習」を実施するのも効果的です。いずれにしましても、イベントを継続して実施するには、まずは主催者による準備の負担、参加者による費用面の負担を考え、無理なく実施できる内容を考えることが重要です。

次回はイベントの周知方法について紹介します。

国崎 信江氏プロフィール/危機管理教育研究所 代表 危機管理アドバイザー

【主な経歴】横浜市生まれ。女性や生活者の視点で家庭、地域、企業の防災・防犯・事故防止対策を提唱している。講演、執筆、リスクマネジメントコンサルなどの他、文部科学省「地震調査研究推進本部政策委員」、東京都「震災復興検討会議」委員などを務める。現在はNHKラジオ マイあさ!の「国崎信江の暮らしの危機管理」のコーナーやテレビ、新聞などで情報提供を行っている。著書に『地震の準備帖―時間軸でわかる心得と知恵』(NHK出版)『サバイバルブック―大地震発生その時どうする? 』(日本経済新聞出版社)『マンション・地震に備えた暮らし方』(エイ出版社)『これ1冊でできる!わが家の防災マニュアル』(明治書院)などがある。

GREEN PARK シリーズマンションのお問い合わせ