2019年6月号「最新の防災グッズ紹介/家と天井を面で支える転倒防止器具」

安全のために家具の固定を効果的に行いましょう

大きな地震が起きた際、マンションで最も恐ろしいのは室内にある家具が動いて負傷することです。重い家具の下敷きになると死亡する恐れもあります。耐震構造の建物では高層階であればあるほど家具の動きは大きくなる傾向があり、自分や家族の生命や身体を守るためにも家具の固定は重要です。

効果的な家具の固定は強度のある壁にL字金具で留めることです。マンションによっては、家具を配置するであろう場所の壁に下地を設置していますから家具の固定もしっかり出来ますので確認しましょう。しかし、そのような環境であっても「家具や壁に傷をつけたくない」「工具を使うのが面倒」などの理由で金具による固定を嫌がる方も少なくありません。

「面」で家具の転倒を防ぐ器具「耐震アトラスネオ」

そんな方におすすめしたいのが、家具と天井を面で支える大塚家具さんの転倒防止器具「耐震アトラスネオ」です。家具と天井の間に設置する突っ張りタイプの転倒防止器具で、家具も天井も傷つけることなく簡単に取り付けられるのが特徴です。一般にイメージする突っ張り棒の固定器具との違いは、「面」でしっかり支える構造であるということです。

一般的な突っ張り棒は、「点」で支えているため振動でズレてしまったり、下地がない場所だと天井を突き抜けたりする恐れもあります。この製品は「面」で支えるためその心配がありません。何度も振動実験を行い震度6強~7に耐えることが実証され、安心して使えます。

家具メーカーの製品らしくデザインも洗練されているため、部屋のインテリア性を損なうこともありません。器具全体を覆うフィラー(本体と同色の白い板)も用意され、器具を天井や壁の一部に見せることも可能です。幅が3種類、高さ(家具と天井の間隔) が7種類あり、サイズも豊富でさまざまな家具に対応出来ます。また、家具メーカーらしく配送時に無料で設置作業まで行うなど細かな配慮もされています。全国の店舗やインターネットで購入できます。関心のある方は探してみてください。

しかし冒頭で解説したように、強度のある壁にビス固定することが最も有効であることに代わりはありません。

国崎 信江氏プロフィール/危機管理教育研究所 代表 危機管理アドバイザー

【主な経歴】横浜市生まれ。女性や生活者の視点で家庭、地域、企業の防災・防犯・事故防止対策を提唱している。講演、執筆、リスクマネジメントコンサルなどの他、文部科学省「地震調査研究推進本部政策委員」、東京都「震災復興検討会議」委員などを務める。現在はNHKラジオ マイあさ!の「国崎信江の暮らしの危機管理」のコーナーやテレビ、新聞などで情報提供を行っている。著書に『地震の準備帖―時間軸でわかる心得と知恵』(NHK出版)『サバイバルブック―大地震発生その時どうする? 』(日本経済新聞出版社)『マンション・地震に備えた暮らし方』(エイ出版社)『これ1冊でできる!わが家の防災マニュアル』(明治書院)などがある。

GREEN PARK シリーズマンションのお問い合わせ