「地震が起きた、その時どうする?」 ~発生後の基本的な行動を知りましょう~

地震が発生した時にどのように身を守るかについて考えておくことで被害を軽減することができます。

いつくるかわからない大地震に備え、常に行動すべきことをシミュレーションしておきましょう。

緊急地震速報を受けたら

緊急地震速報を受けたら、今いるところより安全な場所に移動しましょう。手すりがあるなら手すりにしっかりとつかまります。揺れの到達までに猶予があるようなら火を消す、玄関の扉を開けて避難路の確保をします。猶予がないなら無理をせずに身の安全を最優先に考えましょう。

揺れている最中は

低層階なら飛来落下物からクッションや座布団、新聞、雑誌など手近にあるもので頭を保護して揺れがおさまるまで様子を見ます。高層階では体が揺れに弾き飛ばされないように固定されているもの(手すりなど)につかまります。家具や床に飛散したものが床上を走ることがありますので当たらないように注意しましょう。

揺れている最中は

地震発生直後は

  1. 1. ケガをしていないかどうか確認
  2. 2. 足をケガしないように保護

揺れが収まったからといってすぐに動くと、床に散らばったガラスや生活雑貨などの破片で負傷するおそれがあります。まずは落ち着いて自分がケガをしていないか確認しましょう。動けるなら、つぎに足を保護することを考えましょう。スリッパは中にガラス片が入っていないかを確認してから履きます。スリッパがないなら、枕、クッション、雑誌などを足場にして玄関に向かい靴を履きます。夜間なら暗闇でケガをしないよう懐中電灯を点けます。懐中電灯がすぐに見つからないのであれば、目が暗闇に慣れるまで待って行動しましょう。

  1. 3. 家族の安否確認
  2. 4. 部屋の被害確認
  3. 5. 避難路の確保

家族が同居しているなら、声をかけて無事を確かめます。部屋の被害からも家族の身に危険が迫っているようなら一人で対応せずに隣や同じ階の人に声をかけ応援を求めます。このとき、たとえ玄関ドアが開いても安心せず、余震でドアが開かなくなる事態も想定しドア枠に固い物を挟んでおきましょう。玄関ドアが開かないときはバルコニーに出て大声で周りに救助を求めます。

避難路の確保

  1. 6. 火元の確認
  2. 7. マンションの被害確認

火災が発生したときは炎が天井に燃え移るまで初期消火を試みます。このときも大声を出しながら周りに知らせます。自分の安全を確保できたらマンション自体の被害や、マンション居住者同士の安否を互いに確認しあいます。救助、救出、搬送、消火など一刻の猶予がないときにこそ近くにいる人の力が頼りになります。マンションでは、いつも近くに人がいてくれることが災害時の大きなメリットといえます。

火元の確認

  1. 8. 情報の収集

落ち着いたら地震の規模や被害状況などの正しい情報を、ラジオ、テレビ、インターネット、防災行政無線などから得ます。2次災害の恐れがあるときには迅速に避難行動を開始します。津波など一刻の猶予もないときには揺れが収まった直後から行動を開始しましょう。

情報の収集

  1. 9. 避難するときは

電気器具のプラグをコンセントから抜き、ガスの元栓を締め、ブレーカーを切ります。割れている窓ガラスはビニールシートなどで補修し、家具などを置いて塞ぎ、外部からの侵入を防ぎます。戸締まりも忘れないようにします。避難する際には管理組合に避難場所、緊急の連絡先などの情報をしっかりと伝えます。

避難するときは

屋外では

上から降ってくるものに注意しましょう。窓ガラスの破片、タイルやコンクリート片、バルコニーの植木鉢などの落下のおそれがあります。駐輪場では自転車バイクから離れ、駐車場では車から離れ、頭を守りながら落下物の恐れのない広い空間やマンションの建物に入りましょう。

屋外では

エレベーター搭乗中では

最寄りの階数ボタンを押して、止まった階で降ります。閉じ込められたら緊急時通報ボタンを押し続け連絡を試みます。マンションの人にも閉じ込められたことを伝えるために声を出す、物を叩くなどして知らせましょう。

エレベーター搭乗中では

国崎 信江氏プロフィール/危機管理教育研究所 代表 危機管理アドバイザー

【主な経歴】横浜市生まれ。女性や生活者の視点で家庭、地域、企業の防災・防犯・事故防止対策を提唱している。講演、執筆、リスクマネジメントコンサルなどの他、文部科学省「地震調査研究推進本部政策委員」、東京都「震災復興検討会議」委員などを務める。現在はNHKラジオ マイあさ!の「国崎信江の暮らしの危機管理」のコーナーやテレビ、新聞などで情報提供を行っている。著書に『地震の準備帖―時間軸でわかる心得と知恵』(NHK出版)『サバイバルブック―大地震発生その時どうする? 』(日本経済新聞出版社)『マンション・地震に備えた暮らし方』(エイ出版社)『これ1冊でできる!わが家の防災マニュアル』(明治書院)などがある。

GREEN PARK シリーズマンションのお問い合わせ