「災害時の自室生活でどのような問題が起きるか検証してみましょう」

災害時の自室生活への備え

災害時の備えというと「非常持ち出し袋」がでるように、私たちは避難所に行くことを前提に備えをしているように思います。しかし、都市部のように人口が過密している地域では、避難所に人があふれることも予測されます。避難所での生活は「行けば何とかなる」ものではなく、むしろ新たな戦いの始まりといっても過言でなく、辛くて我慢することの多い生活です。報道では避難所に物資の配給やボランティアの支援など、希望のもてる良い情報だけが流されますが、プライバシーのない集団生活だけでなく、施設内での窃盗、性犯罪被害、配給や支援体制におけるトラブルなど様々な問題が発生します。被災地において、自宅で暮らせることがとても有難いことであることを認識しましょう。マンション居住者は、構造体に耐震性があるなら自室で過ごせる可能性が戸建てよりも高いので、自室で生活するための備えに重きをおきましょう。

自室で過ごすための備えを考える前に、どのような問題が発生するかを知りましょう。エレベーターが止まると地上まで階段を使用することになる人は、重い水を地上から居住階まで階段で運ぶのは重労働になります。できる限り重いものは多めに用意することを心がけましょう。災害発生後は、ガラスなどの破片で飛散した床をいち早く掃除して座ることのできる空間にします。停電で掃除機は使えませんから、麻袋(砂袋)、手袋、ほうき、ちりとり、粘着ローラーを使用して取り除き、念のためブルーシートを床に敷いてその上で生活するようにしましょう。布団にもガラスが飛散していることもあるので寝袋を用意しておくこともお勧めします。

災害時の自室生活への備え

生活の心構えとして忘れてはならないのは、給排水管の使用確認ができない限り、漏水するおそれがあるため1滴も排水できないということです。浴槽に水を貯めておいてもトイレ用に水を流すことはできません。マンションは共通配管なので、大きな地震で破損することもあります。上階で残り湯をトイレに流したりすると、破損しているところから汚水が流れ出し、水漏れになります。排水しないで生活できるよう、水のいらないシャンプー、抗菌ウェットタオル、歯磨きシートなど水を使用せずに衛生を保つグッズを用意しましょう。

トイレも流すのではなく、汚物を貯めておく「災害用トイレパック」などを用意し、溜まっていく汚物の処理方法も考えておきましょう。災害時はごみの回収のお知らせがあるまで出してはなりません。自室のバルコニー等にふた付きのバケツを用意し、排泄後の汚物のビニールをジッパー付の袋に入れて臭いを閉じ込め、バケツにいれておきます。このとき、消臭剤をいれておくと良いでしょう。

窓ガラスが割れた時のための補修テープやブルーシートなども備えておくと安心です。このように、快適に安全に自室で生活するための備えを万全にしておきましょう。

災害時の自室生活への備え

自宅に滞留する際の必需品

1ヵ月分の生活に必要な備蓄があると安心ですが、最低でも10日分は、1歩も外に出なくても大丈夫な備えを用意しておきましょう。

基本的に家にあるものでまかないますが、ランタン、電池やソーラー電池、ソーラーパネルシート、飲料水、カセットコンロ、カセットボンベなどの燃料、災害用トイレ、抗菌剤、掃除用具、ウエットタオル、寝袋、バケツ、応急手当用品、薬などは忘れずに用意しておきましょう。食品は、特別に非常食を用意しなくても大丈夫です。そば、そうめんなどの麺類をはじめ、ふだん食べ慣れているもので保存のきく乾物類やジャム、ドライフルーツ、梅干し、しいたけ、干物、粕漬け、肉の味噌漬け、レトルトなどの通常の食材を多めにストックして、ふだん使いをしながら消費したら補充をして常に10日分の献立が出来るように意識をしておきます。野菜は茹でて冷凍しておき、自然解凍して食べられるようにしておくと重宝します。

自宅に滞留する際の必需品

国崎 信江氏プロフィール/危機管理教育研究所 代表 危機管理アドバイザー

【主な経歴】横浜市生まれ。女性や生活者の視点で家庭、地域、企業の防災・防犯・事故防止対策を提唱している。講演、執筆、リスクマネジメントコンサルなどの他、文部科学省「地震調査研究推進本部政策委員」、東京都「震災復興検討会議」委員などを務める。現在はNHKラジオ マイあさ!の「国崎信江の暮らしの危機管理」のコーナーやテレビ、新聞などで情報提供を行っている。著書に『地震の準備帖―時間軸でわかる心得と知恵』(NHK出版)『サバイバルブック―大地震発生その時どうする? 』(日本経済新聞出版社)『マンション・地震に備えた暮らし方』(エイ出版社)『これ1冊でできる!わが家の防災マニュアル』(明治書院)などがある。

GREEN PARK シリーズマンションのお問い合わせ