「掃除用具も忘れずに備えましょう」

破損した窓ガラスは、自宅滞留の妨げになります。

巨大地震が起こった後は、建物構造が堅牢であれば、震災後、マンション内の自宅に滞留する人も多いと思います。ところが、それを阻むのが破損したガラスです。一般的に高層階になるほど室内の被害が甚大になります。また、揺れで割れなくても家具が高速移動して窓ガラスに衝突して割れる恐れがあります。

ガラスや割れ物など、ケガの原因になるものは早い段階で排除しましょう。

窓ガラス以外にも照明のガラス管や置物、食器が落ちて破損し床にガラス片が散らばることも考えられます。そうなると部屋中どこにも体を休めたり、安全に食事をする場所がなくなって困ることになります。このような事態に早期に行うべき行動が掃除です。特にガラスや割れ物など、ケガの原因になるものは早い段階で排除します。

ところが、日常なら掃除機が使えても、停電時は使えません。そんなときに役立つのが、ほうきやちりとりなど電気を必要としない掃除道具です。準備するものとしてお勧めするのが、割れたものを拾う際にケガをしないように、刃物に強い「突き刺し防止手袋」と、ビニール袋にくらべて丈夫で破れにくいため、ゴミとなった破損物を収集するのに重宝する「ガラ袋や土嚢袋」です。

掃除の手順としては、手袋をはめた手で大きな破片を袋に入れ、そのあとほうきやちりとりで目につくものを集めます。次に細かなガラス片を粘着ローラーやガムテープで取り除きます。この時点で、床がきれいになったように見えても、ガラス片の見落としがあるかもしれないので最後にブルーシートを敷きます。このような状態にして、ようやく安心して食事が摂れたり横になって休んだりすることができます。

こうした掃除道具は災害が起きるとあっという間に売り切れてしまうので予め準備しておくことをお勧めします。

掃除用具も忘れずに備えましょう

国崎 信江氏プロフィール/危機管理教育研究所 代表 危機管理アドバイザー

【主な経歴】横浜市生まれ。女性や生活者の視点で家庭、地域、企業の防災・防犯・事故防止対策を提唱している。講演、執筆、リスクマネジメントコンサルなどの他、文部科学省「地震調査研究推進本部政策委員」、東京都「震災復興検討会議」委員などを務める。現在はNHKラジオ マイあさ!の「国崎信江の暮らしの危機管理」のコーナーやテレビ、新聞などで情報提供を行っている。著書に『地震の準備帖―時間軸でわかる心得と知恵』(NHK出版)『サバイバルブック―大地震発生その時どうする? 』(日本経済新聞出版社)『マンション・地震に備えた暮らし方』(エイ出版社)『これ1冊でできる!わが家の防災マニュアル』(明治書院)などがある。

GREEN PARK シリーズマンションのお問い合わせ