「春の模様替えに室内の安全を高めましょう」

春の模様替えは、防災の好機

春を迎え、新年度がスタートしました。
季節が冬から春に変わるこの時期は、お部屋の模様替えの時期でもあります。このタイミングを防災の好機にしてはいかがでしょう。
お部屋の模様替えついでに、災害に備えるための部屋づくりを実施するのです。

カーテンなどは難燃加工、家具は配置や固定方法に気を付けましょう

カーテンやラグ、ソファやクッションカバーを明るい春色に替えるとき、素材が難燃加工されているものを選びましょう。火災が発生した時に炎症を防ぐ効果があります。既存のものに替えるのであれば、スプレータイプの防炎剤を素材に吹き付ける方法もあります。

室内の安全性を高めるカギは何といっても家具です。新しい家具を取り入れるときには、家具の配置に気をつけましょう。寝ているベッドの上に倒れてくる、避難経路が塞がれるなど被害が大きくなる場所に家具を配置してはいけません。過去のコラムでも、家具の固定方法などを具体的に紹介していますので参考にしてみてください。

カーテンなどは難燃加工、家具は配置や固定方法に気を付けましょう

部屋の模様替えのときは整理整頓のよいチャンス

さらに、部屋の模様替えのときは整理整頓のよいチャンスでもあります。この際使うものと使わないものを分け、必要のないものは潔く捨てましょう。思い切って物を減らせば地震発生時の凶器が減るだけでなく、「室内が広く感じる」「掃除がしやすい」「動きやすくなる」「必要なものがすぐに取り出せる」などのメリットがたくさんあります。安全に配慮した生活は、結果的に使い勝手がよくなり生活しやすくない環境になるのです。このように、模様替えに防災の視点を入れて行えば、「室内の安全性」と「生活しやすさ」が高まり、まさに一石二鳥なのです。

国崎 信江氏プロフィール/危機管理教育研究所 代表 危機管理アドバイザー

【主な経歴】横浜市生まれ。女性や生活者の視点で家庭、地域、企業の防災・防犯・事故防止対策を提唱している。講演、執筆、リスクマネジメントコンサルなどの他、文部科学省「地震調査研究推進本部政策委員」、東京都「震災復興検討会議」委員などを務める。現在はNHKラジオ マイあさ!の「国崎信江の暮らしの危機管理」のコーナーやテレビ、新聞などで情報提供を行っている。著書に『地震の準備帖―時間軸でわかる心得と知恵』(NHK出版)『サバイバルブック―大地震発生その時どうする? 』(日本経済新聞出版社)『マンション・地震に備えた暮らし方』(エイ出版社)『これ1冊でできる!わが家の防災マニュアル』(明治書院)などがある。

GREEN PARK シリーズマンションのお問い合わせ