「浴槽に水を張るのは間違い??」

マンション居住者が誤解している防災対策

防災意識の高まりを受けて、災害への備えの必要性は認識されているように思います。しかし、一般的な防災は戸建てを中心に語られることが多く、マンション居住者が誤解している防災対策もあるように思います。その代表ともいえるのが「浴槽に水を張っておく」対策です。浴槽に水があることで、断水時も消火やトイレの水として活用できるため、お湯を排水せずに溜めておくことが推奨されています。しかし、マンションの場合は浴槽に張った水が厄介な存在になることもあることを知りましょう。

一般的に、高層階では大きく揺れる傾向にあるため、せっかく溜めていても飛び散って室内を水浸しにするかもしれません。さらに、マンションの配管が地震の揺れにより破損し、それを知らずに居住者が排水すれば漏水し階下は大事になります。マンションでは配管の損傷の有無が確認されるまで、一滴も水を流せないため、水があってもトイレの水として使うことができないのです。

マンション居住者が誤解している防災対策

居住形態の特性に合わせて、水を確保する方法を検討しましょう

溜めておいた水を飲料水にする使い道もありますが、そのためには浄水器を用意しておく必要があります。火災も起きず水の使い道に困り放っておくと、ボウフラが湧く、濁って悪臭がするなど厄介な存在になります。捨てるために浴槽から水を汲みとり、重い思いをして地上に運ばなくてはならないかもしれません。

このことからも、浴槽に水を溜めるなら、その使い道をよく考えておく必要があります。浴槽に水を溜める以外に水を確保する方法を検討し、火災には、消火器具を備えておくなど居住形態の特性に見合った備えを考えていきましょう。

国崎 信江氏プロフィール/危機管理教育研究所 代表 危機管理アドバイザー

【主な経歴】横浜市生まれ。女性や生活者の視点で家庭、地域、企業の防災・防犯・事故防止対策を提唱している。講演、執筆、リスクマネジメントコンサルなどの他、文部科学省「地震調査研究推進本部政策委員」、東京都「震災復興検討会議」委員などを務める。現在はNHKラジオ マイあさ!の「国崎信江の暮らしの危機管理」のコーナーやテレビ、新聞などで情報提供を行っている。著書に『地震の準備帖―時間軸でわかる心得と知恵』(NHK出版)『サバイバルブック―大地震発生その時どうする? 』(日本経済新聞出版社)『マンション・地震に備えた暮らし方』(エイ出版社)『これ1冊でできる!わが家の防災マニュアル』(明治書院)などがある。

GREEN PARK シリーズマンションのお問い合わせ