「防災訓練の参加率を上げる方法」

住んでいるマンションに居住者同士のつながりがあるかを考えてみましょう。

防災訓練を企画しても、参加者はいつも同じ顔ぶれ。居住者の参加率を上げるにはどうしたらいいのかと悩む管理組合も少なくはありません。防災訓練は居住者がお互いを知りマンションの被害を減らすための大切な機会です。多くの人に参加してほしいと願う防災訓練の参加率を上げるには、地道な取り組みが必要です。

災害が起きた時に心の支えとなるのが、人と人とのつながりで、困ったときに支えあう「お互いさま」の心です。東日本大震災の際、日頃から居住者同士のつながりあったマンションでは、安否確認も迅速で災害対応も早かったといいます。 まずは、住んでいるマンションに居住者同士のつながりがあるかを考えてみましょう。これから、という場合には、挨拶を自然に交わせる環境づくりから始めてみてはいかがでしょう。何度も会う人で、印象の良い人がいたら、エレベーターや廊下ですれ違った際に挨拶以外に会話をしてみましょう。何度かそのようなやり取りをしていれば総会などのマンションの集まりで会った時にも知っている人がいて安心できるようになります。お隣に座って会話する機会があればより親密になることでしょう。このように、できるだけ多くの居住者と知り合いになれたら不審者の見極めに役立ちますし、なにか困ったときでも相談できるので安心です。お互いに、同じ建物で暮らす仲間であるという意識をもち、お互いを知り交流することこそが快適なマンション暮らしの基盤である、ということを認識しましょう。

初めて声をかけるときは照れくささもありますが、言葉を発せば気持ちの良いものですし相手が返してくれたら嬉しいものです。あなたの行動からマンションの雰囲気も変わるかもしれません。ひとりひとりが努力して知り合いを少しずつ増やしていく行動が、コミュニティを築きます。

参加率アップに向けて、様々な工夫や企画を実践してみましょう。

さて、コミュニティはそこそこあるのに防災訓練の参加率が悪い場合、訓練の内容に問題があるのかもしれません。マンネリ化した内容で1度経験したら十分、と思ってしまう内容ではありませんか? 避難訓練だけでなくAED訓練、救急救命訓練、担架を使用した搬送訓練、消火訓練、炊き出し訓練などもありますし、新しいアイディアが思い浮かばない場合には、他のマンションの取り組みをHPで調べたり、消防、行政の職員に相談したりするのも良いでしょう。マンションを出て防災センターに見学に行くのも良いかもしれません。訓練内容は参加者のレベルアップを図れる内容にすると新鮮で毎年の参加意欲も高まります。一人ひとりの災害時の判断力や適応能力が高まれば、おのずとマンション全体の防災力も向上します。防災知識を高めるために、専門家による防災セミナーをマンション内で実施するのも効果的です。

「災害を知る」「まちを知る」「人を知る」防災を考える上でまず必要なのが自分の地域で起こり得る災害の様相を認識することです。過去の災害事例や動画や画像使って開設されることで、災害の恐ろしさを実感することができます。また、参加型のワークショップなど、親子で楽しめる企画もおすすめ。参加者同市の交流も深まります。さらに、マンションの全住居者に向けて、防災に関するクイズ形式のアンケートを実施するのも効果的。マンション内の設備や備蓄に関する具体的な設問を展開すると、自分たちのマンションの防災対策についての関心度が高まります。訓練の日程、訓練時間、当日参加、途中参加、途中退出ができるかといった、居住者の参加しやすい条件への配慮も大切です。

参加者の偏りが改善されない場合には、参加者リストを作成し、その情報から年代別、階層別、世帯数別の参加率を分析します。次回の防災訓練の案内のときに一緒にその結果を報告し、「まだ1度も参加していない方はぜひ参加してください」と参加を促す方法もあります。参加率の達成目標を掲げるとモチベーションも高まります。ぜひ実践してみてください。

国崎 信江氏プロフィール/危機管理教育研究所 代表 危機管理アドバイザー

【主な経歴】横浜市生まれ。女性や生活者の視点で家庭、地域、企業の防災・防犯・事故防止対策を提唱している。講演、執筆、リスクマネジメントコンサルなどの他、文部科学省「地震調査研究推進本部政策委員」、東京都「震災復興検討会議」委員などを務める。現在はNHKラジオ マイあさ!の「国崎信江の暮らしの危機管理」のコーナーやテレビ、新聞などで情報提供を行っている。著書に『地震の準備帖―時間軸でわかる心得と知恵』(NHK出版)『サバイバルブック―大地震発生その時どうする? 』(日本経済新聞出版社)『マンション・地震に備えた暮らし方』(エイ出版社)『これ1冊でできる!わが家の防災マニュアル』(明治書院)などがある。

GREEN PARK シリーズマンションのお問い合わせ