「災害時には万全なセキュリティ対策を」

防犯システムは、地震などの停電時は作動しなくなることを考慮しましょう

マンションを選ぶときの重要な選択肢の一つとして要望が高いのがセキュリティシステムです。

入居者が安心して過ごせるように、セキュリティを重視しているマンションでは玄関扉にオートロックを採用し、共有スペースに防犯カメラなどを設置しています。

しかしこのような防犯システムも、地震などの停電時は作動しなくなる恐れがあります。停電時は玄関のオートロックが解除され手動に切り替わり、頻繁に往来する際の便利さを優先して、常に扉が開けっ放しという状態になるかもしれません。

また自宅玄関のドアも揺れでドア枠が歪んで開閉できなくなる恐れもあります。最近では耐震ドアを採用しているマンションも多くなりましたが、閉じ込められた人の救出でドアを無理にこじ開けて、今度は閉まらなくなる事態も考えられます。玄関ドアを締めて施錠できなければ自室で生活を継続しようにも困ることになります。

災害時に被害に遭う前に、マンション全体で災害時の防犯にも目を向けましょう

このことから、災害時の停電によるセキュリティシステムの停止や玄関・窓の破損被害に備えて、不審者の侵入を防止する策を考えておくことが重要です。具体的な対策案としては、管理組合でマンション敷地内の警戒巡回、チラシや放送で被害防止ための啓発活動、共有のトイレや死角となる場所に非常照明を設置、破損した窓にブルーシートや板で応急修理、閉じられなくなった玄関にチェーンと南京錠、鈴などを設置する、などのあらゆる対策で侵入を防ぎましょう。被害が起きてからではなく、被害に遭う前にできるだけ迅速に対応することが大切です。

日頃からセキュリティシステム・設備が災害時に機能するかを確認し、災害時も安心して過ごせるよう、マンション全体で災害時の防犯にも目を向けた取組を行いましょう。

国崎 信江氏プロフィール/危機管理教育研究所 代表 危機管理アドバイザー

【主な経歴】横浜市生まれ。女性や生活者の視点で家庭、地域、企業の防災・防犯・事故防止対策を提唱している。講演、執筆、リスクマネジメントコンサルなどの他、文部科学省「地震調査研究推進本部政策委員」、東京都「震災復興検討会議」委員などを務める。現在はNHKラジオ マイあさ!の「国崎信江の暮らしの危機管理」のコーナーやテレビ、新聞などで情報提供を行っている。著書に『地震の準備帖―時間軸でわかる心得と知恵』(NHK出版)『サバイバルブック―大地震発生その時どうする? 』(日本経済新聞出版社)『マンション・地震に備えた暮らし方』(エイ出版社)『これ1冊でできる!わが家の防災マニュアル』(明治書院)などがある。

GREEN PARK シリーズマンションのお問い合わせ