「居住者の支援者リストを作ろう」

マンションというひとつの建物で、しかも隣り合っていても他の居住者のことをよく知らない、ということも珍しくありません。プライベートを重視し他人との交流を必要としない人もいるからです。しかし、日常生活においてそれが快適であったとしても、災害時にはマンション内にどのような方がいて、支援を必要とする人の有無や状況を把握していないと安否確認が遅れ、結果被害が大きくなる恐れがあります。

東日本大震災以降、自然災害に備えるために、居住者の持病や健康状態、支援を希望するか等を登録した「災害時(緊急時)居住者名簿」を作成するマンションが増えました。災害時のために入居者名簿を作成することで、要援護者の支援、閉じ込め者の救出、居住者の安否確認など行動が迅速かつ効率よく行える利点があります。

マンションでこのような名簿を作成するのであれば、支援の必要性の有無に関わらず協力するようにしましょう。しかし、個人情報保護やプライバシー保護の認識の高まりにより、情報提供に否定的な人もいます。その方に対しては、情報を出すことの不安を取り除けるようにマンションでの情報の取り扱いについて以下を参考に方針を決定しておく必要があります。

「名簿を作る目的を明確にする」「名簿を管理する責任者を明確にする」「名簿の項目内容を決める」「告知・情報記入依頼・用紙受け取り方法を決める」「漏洩や紛失を防ぐ保管場所・保管方法を決める」「情報の更新方法・災害時の使用ルールを定める」など、目的以外には使用せず、慎重かつ適正に取り扱うことを説明して、理解を求めましょう。

また、名簿は支援を求める人だけでなく、ボランティアとして災害時に行かせる資格、技術、経験、専門知識を有する人に支援する側になってもらうための情報を記入する欄を作るのも一案です。人の環境は変化しますから、名簿は毎年更新することが理想です。

国崎 信江氏プロフィール/危機管理教育研究所 代表 危機管理アドバイザー

【主な経歴】横浜市生まれ。女性や生活者の視点で家庭、地域、企業の防災・防犯・事故防止対策を提唱している。講演、執筆、リスクマネジメントコンサルなどの他、文部科学省「地震調査研究推進本部政策委員」、東京都「震災復興検討会議」委員などを務める。現在はNHKラジオ マイあさ!の「国崎信江の暮らしの危機管理」のコーナーやテレビ、新聞などで情報提供を行っている。著書に『地震の準備帖―時間軸でわかる心得と知恵』(NHK出版)『サバイバルブック―大地震発生その時どうする? 』(日本経済新聞出版社)『マンション・地震に備えた暮らし方』(エイ出版社)『これ1冊でできる!わが家の防災マニュアル』(明治書院)などがある。

GREEN PARK シリーズマンションのお問い合わせ