部屋別安全対策「収納スペース」

家具は固定するほど中身が飛び出しやすくなります。
一般的に、室内には標準設備として下足入、クローゼット、ウォークインクローゼット、キッチン、洗面所、トイレなどの収納スペースが用意されています。 地震が起きた時にこれらの収納物が室内に飛び出ることが予測されます。家具の固定に比べて中身の飛び出し対策の重要性はあまり知られていないかもしれませんが、収納物の飛び出しを押さえることで、室内の被害を軽減し、掃除の手間を減らす効果が期待できます。

部屋別安全対策「収納スペース」

クローゼットの扉は簡単に開く

扉には、観音タイプ、引き戸タイプ、折り戸などのタイプがあります。揺れて一番開きにくいのは引き戸タイプと言われています。反対に開きやすいのが観音タイプです。では、クローゼットに使用される折戸タイプはというと、揺れで簡単に開きしかも揺れている間中ずっと左右に激しく移動し続けます。この状況で扉に挟まれたら負傷する恐れがあります。クローゼットの扉にも飛び出し防止策のストッパーを取り付けましょう。

引き出しにもストッパーを

キッチンの上部収納には、標準仕様として耐震ラッチあるいは耐震ロックと呼ばれる扉開き防止器具があらかじめ備え付けられています。しかし、引き出しには対策がなされていない場合が多いようです。引き出しが勢いよく飛び出したら、なかなかキッチンから退避できなかったり、途中で負傷したりする恐れがあるなど、厄介な存在になります。揺れで激しく引き出しが飛び出さないように引き出しにもストッパーをつけることをお勧めします。

棚板には滑り止めシートを

洗面所の棚には化粧品などの落下防止の対策があらかじめなされている場合もあります。しかし落下防止策がない場合には扉の飛び出し防止対策をしても中身の移動の勢いで器具が外れる恐れもあります。そのため、棚板に滑り止めシートを敷くなどの二重の対策で中身の飛び出し防止対策を試みましょう。収納物が落下する衝撃は思うより激しいものです。軽んじることなく家具の固定と中身の飛び出し防止策をともに実施することで安全になることを忘れないようにしましょう。

国崎 信江氏プロフィール/危機管理教育研究所 代表 危機管理アドバイザー

【主な経歴】横浜市生まれ。女性や生活者の視点で家庭、地域、企業の防災・防犯・事故防止対策を提唱している。講演、執筆、リスクマネジメントコンサルなどの他、文部科学省「地震調査研究推進本部政策委員」、東京都「震災復興検討会議」委員などを務める。現在はNHKラジオ マイあさ!の「国崎信江の暮らしの危機管理」のコーナーやテレビ、新聞などで情報提供を行っている。著書に『地震の準備帖―時間軸でわかる心得と知恵』(NHK出版)『サバイバルブック―大地震発生その時どうする? 』(日本経済新聞出版社)『マンション・地震に備えた暮らし方』(エイ出版社)『これ1冊でできる!わが家の防災マニュアル』(明治書院)などがある。

GREEN PARK シリーズマンションのお問い合わせ