2018年11月号「防災ビンゴ(マンション編)にチャレンジ」

防災ビンゴで防災を楽しみながら学びませんか?

昨年、遊んで学べる「防災ビンゴ」ゲームを弊社(危機管理教育研究所)で企画、制作しました。一般的なビンゴゲームと同じように遊びながら、クイズを通じて防災知識の向上を図る新しい防災教育ツールです。一般的な防災知識を問う「基本編」とマンションの居住者に知ってもらいたいマンション防災情報をクイズにした「マンション編」の2種類があります。

遊び方は通常のビンゴゲームと同様で簡単です

遊び方は、数字と防災クイズが記載されているビンゴカードを参加者に配り、司会者が選んだ番号の防災クイズの設問に全員で答えるだけです。選ばれた番号を持っている人はその数字を開けて、通常のビンゴのようにタテ・ヨコ・ナナメいずれかの列がそろえば「ビンゴ!」です。

番号札には数字に紐づいている防災クイズの問題と解答および解説が記載されているので、司会者に防災の知識がなくても大丈夫。読み上げるだけで進行できます。

クイズの内容は、「“非常灯と誘導灯は同じ“は正しい?」「防火戸の役割は、①煙や炎の拡大防止 ②侵入者防止 のどちら?」「”共同住宅は、住宅用火災報知器を設置する必要はない“ は正しい? 〇か×か」などマンションの設備や備えなどについて、たとえわからなくても解説を聞くことで理解が深まります。

防災イベントのマンネリ化の解消や集客力強化に役立ちます

防災ビンゴは、難しいルールを理解する必要がないので、年齢を問わず誰でも楽しめます。また、クイズの設問が二択方式ですので、アイデア次第で多様なルールで遊ぶことができますから、様々な場面でご活用いただけます。そして、ビンゴですから、やはり盛り上がるのは景品が用意されているときです。防災訓練やイベントでも「ビンゴゲーム」・「シンプルで楽しい遊び」・「景品あり」という要素で集客に役立ちます。防災イベントがマンネリ化している、集客が不安というときは防災ビンゴを実施してみてはいかがでしょうか。

参考URL/マンションラボ
防災ビンゴの説明はこちら
マンション編の説明はこちら

国崎 信江氏プロフィール/危機管理教育研究所 代表 危機管理アドバイザー

【主な経歴】横浜市生まれ。女性や生活者の視点で家庭、地域、企業の防災・防犯・事故防止対策を提唱している。講演、執筆、リスクマネジメントコンサルなどの他、文部科学省「地震調査研究推進本部政策委員」、東京都「震災復興検討会議」委員などを務める。現在はNHKラジオ マイあさ!の「国崎信江の暮らしの危機管理」のコーナーやテレビ、新聞などで情報提供を行っている。著書に『地震の準備帖―時間軸でわかる心得と知恵』(NHK出版)『サバイバルブック―大地震発生その時どうする? 』(日本経済新聞出版社)『マンション・地震に備えた暮らし方』(エイ出版社)『これ1冊でできる!わが家の防災マニュアル』(明治書院)などがある。

GREEN PARK シリーズマンションのお問い合わせ