2018年12月号「防災倉庫を見てみよう~整理のポイント~」

マンション内にある防災倉庫の位置や中身をご存知ですか?

近年、建物内に防災倉庫を設置するマンションも増えてきたように思います。しかし、管理組合の役員にならない限り防災倉庫内を見ることがないという実態もあるようです。いざ発災してから防災倉庫の中身を見て、慌てて内容や数量を確認することのないように、マンションにある防災備蓄品を事前に確認しておきましょう。

マンションによっては防災倉庫が一か所とは限りません。どこにどのような防災備蓄品があるのかを全てを把握しておくことが大切です。とくに、防災倉庫の施錠状況や施錠している場合の開錠の方法、鍵があるならその保管場所などについて確認し居住者全員で共有しましょう。

防災倉庫の確認は、発災時の使い勝手を重視して行いましょう

そして、せっかく防災倉庫を確認するのであれば、その機会に防災倉庫の使い勝手についても気にしましょう。例えば、

「配置の工夫」

災害時に使用する順番(初動ですぐに使うものは手前に、被災生活で使う物は奥や上段に)

地震の揺れを考えて重たいものは下に置く

災害時に使用する順番(初動ですぐに使うものは手前に、被災生活で使う物は奥や上段に)

台車で運ぶものはあらかじめ台車に載せて運び出しやすいようにする。(このとき、地震の揺れで走らないように対策をしておくこと)

女性や高齢者が取り出しやすい位置にあるかを確認する

「内容(項目)と数量の把握」

防災倉庫の入り口に備蓄品の一覧表と倉庫内のどこに何が置かれているかを示すマップを作成し、クリアファイルに入れて懐中電灯と一緒にぶら下げておくと、取り出しやすく、品質期限等の管理もしやすくなります。備蓄品の点検チェックシートも作成しておくとなお良いでしょう。

「取扱説明書の整理」

製品と一緒に箱に同封されている取扱説明書を取り出してバインダーに一括してファイルしておくと訓練の時に便利です。また、訓練のときに使用する手順を撮影して資料を作成し、一緒に入れておくと、次回使用するときに安心して使えます。

「備蓄品の準備」

すぐに使えるように、衛生面で配慮しなくて良いものは箱から出しておく(透明のポリ袋をかけておくだけ)、組み立てて支障のないものはスペースに余裕がある限り組み立てておく(パーツを取り付けておく)、住民に配るものは階ごとの居住者の人数で振り分けておくことで、災害時に人手の負担を減らし迅速に使用、配布することができます。このように、防災倉庫の中をのぞいて運用しやすい配置になっているか、備蓄品の管理がしやすい工夫がなされているか、すぐに使用できる準備ができているかといった視点で確認してみましょう。

国崎 信江氏プロフィール/危機管理教育研究所 代表 危機管理アドバイザー

【主な経歴】横浜市生まれ。女性や生活者の視点で家庭、地域、企業の防災・防犯・事故防止対策を提唱している。講演、執筆、リスクマネジメントコンサルなどの他、文部科学省「地震調査研究推進本部政策委員」、東京都「震災復興検討会議」委員などを務める。現在はNHKラジオ マイあさ!の「国崎信江の暮らしの危機管理」のコーナーやテレビ、新聞などで情報提供を行っている。著書に『地震の準備帖―時間軸でわかる心得と知恵』(NHK出版)『サバイバルブック―大地震発生その時どうする? 』(日本経済新聞出版社)『マンション・地震に備えた暮らし方』(エイ出版社)『これ1冊でできる!わが家の防災マニュアル』(明治書院)などがある。

GREEN PARK シリーズマンションのお問い合わせ