Loading...

「刻」の輝きを、識る。

幾多の賢人が研鑽を積み重ね磨かれた揺るぎない風格。
ここに息づくのは、時代の賢人たちの叡智が宿る刻。

日本の中枢であり続けた誇りとともに。

「日本を世界が誇る国へ」
かつてそんな理想を抱きこの地を闊歩した男がいた。
明治期、三菱を創業し、
丸の内地区を開拓した、岩崎弥太郎。
彼は三菱ヶ原と揶揄された原野に、
日本の希望を宿していった。

現在の丸の内の洗練さは、
日本最初のオフィスビル「三菱一号館」からはじまる。
ロンドンの市街地に倣った煉瓦づくりの街並みは
「一丁倫敦」と呼ばれる西洋都市として、時代を先駆けた。
知性の源泉として、進取の気風は今なお息づき、
さまざまな物語を伝え続けている。

時代を動かす、耀きの地に寄り添う。

そして現代、先駆者の想いを継ぐかのように、
ここは更に先を見据えた街に変貌を遂げている。
最先端のビジネス環境とサービスが揃う
「丸ビル」や「KITTE」などの複合ビル、
洗練されたショップやカフェが次々に軒を連ねる街。
歩くたびに、ビジネスとカルチャーの融合が心躍らせる。

この先、街はどんな表情を見せるのだろう。
弥太郎が想いを馳せた「世界に通じる街」は、現在、
よりグローバルに姿を変え続けている。
世界有数の人材、情報、サービスが行き交い、
想像も出来ない未来がきっと待っている。
その耀きの中心「大手町」まで0.7km圏の地に
住まう歓びに心震わせる。