Loading...

「穏」の感性を、識る。

爽風や木漏れ日に大きく深呼吸してみた。
美しい都心の緑陰は、人々の心に潤いを与える。

悠久の翠に抱かれる日々。

豊かな年輪を重ねた桜樹の岸辺。
悠々の水辺に映える億千の花弁。
面影、移ろい、余韻…光景が美しく広がる「千鳥ヶ淵」。
儚くとも美しい風景を身近に得る。
それこそが、
「千代田」に住む、かけがえのない豊かさ。

マンハッタンに広がるセントラルパークのように
高い空と眩しい緑に包まれ、
皆、思い思いに過ごす。
都心の中で敏感に四季を感じる瞬間。
人々の憧憬を集めてやまない緑の安らぎを日常に感じる、
そんな贅沢が此処にある。

緩やかに広がる緑陰に、美しく、憩う。

緑陰を有する「OOTEMORI」や街路樹が彩る「丸の内仲通り」。
此処は、都心の暮らしを潤す母なる杜を織りなす。
自然に抱かれるように寛ぎ、深呼吸するひと時。
ここは都心の喧噪の暮らしを忘れさせ、
人々の表情を豊かにする、生命の息吹に充ちている。

四季折々の風情を感じ、日々を開放する空間。
この地をやさしく包み込む木々は、人にも、社会にも、
安息の時間をもたらす。
心穏やかに生きることで、
癒しや新たな発見、感性が刺激され、
そこからまた、新たなインスピレーションが呼び覚まされる。