Loading...

上質な都心居住を追求し、
永住への想いに応える
プランニング。

一つひとつの質にこだわり、
住まう方の想いに応える“永住品質”の創造へ。
確かな基本性能に裏付けられた
寛ぎの空間とともに、
街に溶け込む美しい佇まいを表現した
淡路町」。
都心居住の次なるスタンダードとなる邸宅を
トータルでプランニングしています。

住の本質を充たす、多面採光を確保した全邸3LDKのゆとりある空間設計。

独立性と開放性の高い二方接道の整形角地。

建設地は、幹線道路から一歩入った落ち着いた場所に位置し、さらに二方が道路に面した独立性と開放性の高い角地です。

歩行者の安全性に配慮した歩車分離設計。

歩行者と自動車の出入口を分けた歩車分離設計を採用し、歩行者が安心して通行できるように配慮しました。

一歩奥まった、ゆとりあるエントランス。

通りからポーチを介してエントランスへ誘う導線を確保することで、ゆとりある邸宅感を演出しています。

永住にこだわった、全邸3LDK 70㎡台中心。

永く住んでいただくために全邸を3LDKとし、70㎡台中心の広さを確保しました。

通風とプライバシーにこだわった、フロアプラン。

全邸を角住戸とすることで、通風性能とプライバシー性能を高めています。

縦スリット窓採用による、陽当たりへの配慮。

全邸を南東・南西向きとし、また縦スリット窓を採用することで陽光を部屋の奥まで取り込む工夫をしています。